img_02

税理士の業務内容と税理士のメリットについて

税理士の業務内容には、税務代理、税務書類の作成、税務相談、会計業務がある。
税務代理とは税務公官署に対する法令もしくは行政不服審査法の規定に基づく申告、申請、請求もしくは不服申立についての申告、税務公官署の調査と処分に関する税務公官署への主張と陳述について代理する業務である。
税務書類の作成とは税務公官署に対する申告、申請書、請求書、不服申立書を法令の規定に基づいて作成することである。

税務相談とは税理士が税務公官署に対する申告、税務代理に規定する主張、陳述、申告書の作成の関して租税の課税標準に関する相談に応じる業務である。
会計業務とは税理士業務に付随して財務書類の作成と会計帳簿の記帳の代行を行う業務である。



その他では租税に関する訴訟の保佐人として納税者の支援をしたり、銀行との融資、資金繰りについての計画の補助相談業務もする。


税理士は税務だけでなく企業経営についてのコンサルティングなどの相談も行い、または顧客の節税についての相談なども引き受ける。

会社の設立などの商業登記事務などの企業支援も行う。

開業届、青色申告等の書類作成も行い、また税理士が定期的に監査に訪問し、会計帳簿、外部証拠等の監査により内容を確認したり、決算書を作成して経営成績を報告したりと会計と経営についての幅広い監査業務も税理士の仕事である。



公益法人や社会福祉法人の会計指導、決算業務作成なども行う。



税理士は開業して独立することもできる。

現在は市場が飽和して過当競争状態にあるので税理士自体は余り気味であるが税理士の平均年齢は現在約60歳なので将来的には人材不足になる可能性がある。

税務試験に合格するには数年税務署に勤務して試験を受ける方法がる。その場合には勤続年数によって試験の一部が免除もされる。もう一つは予備校で勉強して試験を受ける方法である。

この仕事の魅力はほとんどの企業で活用できる点にある。

ほどんどの企業では租税に関する業務を行うので企業から高く評価されるからである。