• 映像制作会社で働くには

    映画やテレビ、CMの他にDVDのようなパッケージメディアなど、映像制作の仕事は多岐にわたります。

    日本各地に大企業から個人が家族で経営する小規模なものまで様々な映像制作会社が存在します。それぞれ得意とする分野がありテレビ番組やCMなどの制作に秀でた会社もあれば、結婚式のような個人的イベントのための映像の制作を主に行っている会社もあります。



    一般的に映像制作を行う会社やスタジオのことをポストプロダクションと呼びます。

    最近気になったGirls Channelのことならこちらのサイトが便利です。

    また映像制作工程の最終段階もポストプロダクションと呼ばれます。ポストプロダクションでは映像の編集・加工から完成された作品の公開と納品までを行います。ちなみに制作工程初期の企画・構成やシナリオ作成、スタッフや機材などの確保とスケジュールの調整を行う段階がプリプロダクションです。

    さらに実際に映像の撮影を行う段階はプロダクションと呼ばれています。
    テレビ番組から個人的なドキュメンタリーまで映像制作会社は様々な作品を制作しますが、工程が3つの段階から成り立っているという点では同じです。



    映像制作会社で働く方法としては、まずアルバイトとして映像制作業界に入り一定の経験を積んだ後に正社員として採用される道があります。


    次に専門学校で映像制作に必要とされる技術と知識を習得してから、正社員として就職する方法が存在します。テレビ局やテレビ番組制作会社の社員など映像編集のプロフェッショナルの多くは専門学校の出身者です。
    また専門学校の中には提携する映像制作会社でアルバイトとして働きながら実務経験を積むことができる場合もあり、効率的に映像を制作する能力を養うことができます。